平成30年度第3回仁木町やすらぎ大学 学習テーマ「リサイクルを楽しむ」

【目的】
「油のリサイクル」をテーマにした資源の再利用体験学習を通して、自然と共生する暮らしが、持続可能な社会の形成のために大切であることを実感してもらう。

【体験学習概要】
講師 北海道地球温暖化防止活動推進員 赤石 哲明
1 「こねこね石けんづくり」
食用廃油リサイクル率80%の石けん素地を使用して、ねんど遊びのように自由な形や色づけができる石けんづくりにチャレンジ!
作成した石けんは、記念品として参加プレゼント

2 「石けんって、本当に自然にやさしいの?」
石けん液と食塩水を使った脂肪酸カルシウム(カルシウム石けん)の生成実験を通して、合成洗剤とは異なり、石けんは海水に溶け込むと魚などのエサとなる栄養素になり、分解され、無害なものであることを学ぶ。

3 「省エネアンケート」
学習のまとめとアンケートの記入

[開催日時] 平成30年7月25日
[開催場所] 仁木町民センター・交流ホール
[参加人数] 23人

This entry was posted in 赤石 哲明 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.