省エネ教室(百合が原小、中央小)

(実施内容)
毎年開催されている北海道電気有効活用委員会主催の省エネ教室(小学5年生対象)が、今年も札幌市内の小学校2校で実施されました。1時間目(50分)は、気象予報士の菅井貴子さんから「天気予報と地球環境」をテーマに、天気予報の見方や最近の気象の変化、温暖化による気候変動、北海道に被害をもたらした台風などのお話がありました。

 
2時間目(50分)に「おうちで省エネ」をテーマに、エネルギーの基本的な知識やエネルギー消費の現状、地球温暖化の仕組みや省エネルギーの大切さ、家庭での実践などについて、クイズを交えながらお話させていただきました。また、配布した2種類のテキストに、PPTで取り上げた内容の関連ページに付箋を入れる作業を全員にやってもらい、おうちの人や総合学習時にその部分を再び参考にしてもらうようお願いしました。

 
子ども達からは、「世界の中で一番エネルギーを使っているのはどこの国か?」「温暖化を防ぐために身近にできることがたくさんあることを知り、実際にやってみたくなりました」などの質問や感想があり、最後まで熱心に聴講して下さいました。

 

 

配布資料:
・実践!おうちで省エネ(北海道経済産業局)
・スマートライフおすすめBOOK(スマートライフジャパン推進フォーラム)

[開催日時] 平成30年6月7日(百合が原小)、6月18日(中央小)
[開催場所] 札幌市
[参加人数]  計182名(百合が原小5年生99名、中央小5年生83名)

This entry was posted in 宮森 芳子 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.