別海高校農業特別専攻科第3回酪農技術現地研修会「地球温暖化問題について」

実施内容  地球温暖化による問題と原因、その影響についてと、止めるために暮らしのなかで私達のできることについて講演した。

講義の狙い 地球温暖化による問題と原因は人間の活動による温室効果ガスの増加であることから、大気中に含まれる二酸化炭素の排出量を削減する必要がある。そのためには、温暖化防止活動を酪農しながら日常生活の中で実践できるようにするのが狙い。

配布資料  講義資料、クールチョイスアンケート用紙

感想・課題 学生さんは、10歳代~40歳台と幅広く、後継者及び牧場従業員でした。気象が厳しい地域ですので牧草の生育や刈り取りのタイミングに関する質問等が多かったです。
別海町でも年平均気温が平年より高い状態が2004年から続いていることもあって、日常生活の中で温暖化防止に向けての行動には理解を示していただきました。
牛のゲップによるメタン等による温室効果ガスの増加については、私自身もよくわからないので簡素な説明しかできなかったことが、今後の課題だと考えています。

[開催日時] 平成30年1月26日
[開催場所]  別海高校専攻科
[参加人数]  学生14名(うち教員2名)

This entry was posted in 船山 岩雄 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.