シリーズ「地球温暖化」2017 第5回目 電気自動車「EV」について

第5回目は、今年の温暖化対策の取組の中で注目された電気自動車「EV」について学習しました。
次世代の自動車として注目されている理由、その性能、今後の問題点など、様々な角度から紹介。長い間、化石燃料を主として使用している自動車は、燃費向上の改善、ハイブリッド車の開発など、エコカーとして環境対策に寄与していますが、電気自動車は、さらなる究極のエコカーとして注目を浴びています。その中で、社会資本の整備や燃料から電気にシフトすることによる課題、さらには、どのような手法で電気を作ったかが大事になることも伝えました。

[開催日時] 平成29年12月16日
[開催場所]  苫小牧市
[参加人数]  10名

This entry was posted in 野崎 徹 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.