恵庭市の「うちエコ診断」フリーペーパーに掲載

10月31日(火)に恵庭で行われたうちエコ診断を行いました。

今回のうちエコ診断は、“申込者に事前アンケートを取って、それを元に診断を行う” いわゆるフルバージョンのうちエコ診断です。

わたしが担当した女性は、オール電化住宅にお住まいで、太陽光発電も行っています。それでも冬場の電気料金が約6万円と高いため、相談にいらっしゃいました。「月々の光熱費をノートにつけ、室温もギリギリまで下げて、いろんな工夫をしているのに減らない」とお悩みでした。

この文章だけ読むと「すごく電気代が高い」と思われるかもしれませんが、このお宅はガスや灯油を全く使っていません。寒冷地である北海道の一般的な戸建てで、電気代が約1万5千円。これに別途灯油やガス代がかかって合計4〜5万円となることも珍しくありません。

しかも、北海道では、まだ珍しいエアコンで、暖房費が節約できるか試していたことにビックリ。あまり、アドバイスすることがないほど見事な省エネの見本となる方でした。

そんなやりとりを千歳・恵庭の情報誌「ちゃんと」の編集者が一部始終取聞いて、記事になりました。

(千歳恵庭の生活情報紙「ちゃんと」2017年11月17号より)

[実施日時]平成29年10月31日
[実施場所]恵庭市民会館

This entry was posted in 千葉 英樹 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.