環境広場さっぽろ2017・マグネシウム燃料電池のクリスマスツリー初披露

「環境広場さっぽろ2017」NPO法人北海道省エネまちづくり協会の展示ブースにクリスマスツリーが加わりました。

私が所属するNPO法人北海道省エネまちづくり協会では、今まで、ペルチェ素子を使って、てのひらと氷の温度差を使った温度差発電体験やマグネシウム合金と塩水を使った、マグネシウム燃料電池LEDランタンの点灯展示が主でした。

ここ数年、目新しいものがなく、特にマグネシウム燃料電池はおもちゃやLEDランタン、非常用のバッテリーボックスとマンネリ気味でした。

昨冬に100灯のクリスマスツリーLEDを購入。夏の「環境広場さっぽろ2017」が初披露となりました。

最初は装飾程度にしか思っていなかったお客様も、「コンセント要らずで、出窓などに置け。8時間ほど点灯の『クリスマスツリー』であること」を聞くと、非常に驚かれる方が結構いらっしゃいました。

マグネシウム燃料電池に関しては子どもより、引率の保護者の反応高く、好評です。しかし、まだまだ知られていない技術です。これからも多くの方に知ってもらう活動を続けていきたいと思います。

[実施日時]平成29年8月4日・5日・6日
[実施場所]アクセスサッポロ

This entry was posted in 千葉 英樹 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.