エコスクール『みんなで地球温暖を止めよう』

(実施内容)
地球温暖化による問題と原因、その影響についてと、止めるために暮らしのなかで私達のできることについて解説した。

(講義の狙い)
地球温暖化による問題と原因は人間の活動による温室効果ガスの増加であることから、大気中に含まれる二酸化炭素の排出量を削減する必要がある。そのためには、温暖化防止活動を日常生活の中で実践できるようにするのが狙い。

(感想・課題)
予定時間は30分でしたが、生徒からの質問があり10分ほど超過しました。生徒さん達は、前の時間帯に国立環境研究所が落石岬付近で観測している地球環境モニタリングステーションを見学しました。地球環境に影響をもたらす温室効果ガス、メタン等について説明を受けていることから、家庭内での二酸化炭素の排出を減らすためどう取り組むかについてはある程度予備知識があって、その後の私の講義でさらに理解度が増したのではないかと感じました。

質問は、温暖化が進み夏の北極地域の海の氷が溶けだすと、どんな影響が出るのかについてと、海水の温度が上昇すると基幹産業である昆布の採取できなくなるおそれがあるのか、についてです。

[実施日時]平成29年6月7日(水)
[実施場所]根室落石小学校
[参加者数]6名(5年生・6年生)

This entry was posted in 船山 岩雄 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.