シリーズ「地球温暖化」2017 第1回目 第47回市民植樹祭に参加

健考会の事業の一環として地球温暖化を考えていただく学習会をシリーズで実施しており、今年で3年目を迎えます。

第1回目は苫小牧市及び市まちを緑にする会主催による第47回市民植樹祭に参加。カラマツの苗木を植樹しました。1人当たり10数本の苗木を植えることができました。土質が硬く、掘るのに大変でしたが、皆さん頑張って植樹をしていました。

植樹は環境美化や景観を取り戻すだけでなく、二酸化炭素の吸収源として、温暖化対策として有意義な行動です。

道民の温暖化対策の取り組みの中でも、1人30本以上の植樹をすることを目指しています。参加者は楽しみながら植樹を無事終え、緑の価値を実感されたと思います。

[実施日時]平成29年5月14日(日)
[実施場所]苫小牧市
[参加者数]10名

This entry was posted in 野崎 徹 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.