開西中学校環境教育講座

学校側の希望は「地球温暖化の現状を聞き、子どもたちがワークショップで自分たちにできる地球温暖化対策について、まとめて発表する」でした。講義では地球温暖化防止コミュニケーターの資料から子供用のものを抜粋、大人用の「私たちの暮らしと地球温暖化(短縮版)」、さらに私のオリジナルで捨てられている熱・振動・水道の水流などの環境発電技術やマグネシウム燃料電池の技術を簡単な実験セットを交え説明しました。
ワークショップでの課題は「環境発電などを使った物や街のしくみ」を考えさせました。生徒たちは、9グループ全員が、だれも躊躇せず、すぐに話し合いが始まりました。正味40分で、ユニークなアイデアを模造紙にまとめて発表しました。その素直さと行動のスムーズさに感心させられました。
中学1年は大人としては微妙な年令。今回は大人用の資料をメインに使いましたが、子供用の資料の方を使ったほうが良かったかなと思っています。

[実施日時]平成29年2月14日 13:15~15:05
[実施場所]滝川市
[参加者数]中学1年生 53名

This entry was posted in 千葉 英樹 推進員. Bookmark the permalink.

Comments are closed.