『ワンダグリンダ☆ニュース』18.4.10号

みなさま、こんにちは。
再生普及行動計画オフィスの安田です。

センター裏の池に今朝はコガモ、ミコアイサ、カイツブリが来ていました。
さえずる鳥の種類や数も日ましに増えています。

湿原ではエゾアカガエルの声が響き渡り、少しずつですがあちらこちらで緑が芽吹き始めています。

ゆっくりですが一歩ずつ本格的な春に近づいています。

★ 本日のお題 —————————

☆ 各種情報

【釧路市】展示解説「ようこそ釧路へ」
【標茶町】春の湿原 野鳥観察会
【浜中町】はまなか春の芸術祭~春だ!アートだ!爆発だ!~
【鶴居村】春の花を見に行こう
【釧路町】湿原再生の森づくり 30周年記念「春の植樹祭」
【募集】平成30年度 釧路湿原川レンジャー募集
【募集】くしろ自然再生解説員募集
【募集】「雷別ドングリ倶楽部」会員募集
【お知らせ】「釧路湿原ふれあい行事」のチラシができました

☆ タクッパさんのちょっぴりアイヌ語講座(アホウドリ)


———————————————-★
問合せ等のメールアドレスは迷惑メール防止の為@を☆にしております。
送信の際はお手数ですが☆を@に変え送信ください。
=======================================================
☆各種情報
=======================================================

【釧路市】展示解説「ようこそ釧路へ」

釧路の自然と歴史について、博物館の展示室を使ってご紹介する展示解説を開催します。この春に釧路へ転入されてきた方々だけでなく、あらためて釧路について知りたいという方や、これまで博物館に足を運ばれる機会がなかった方々も、ぜひご参加ください。
2日間開催しますが、解説を担当する学芸員が異なりますので、詳しく取り上げるテーマが異なります。2日間とも参加して、より展示室を楽しむこともできます。

[日時]4月21日(土)・22日(日)各日とも13:30~14:30
[会場]釧路市立博物館
[参加費]無料
[事前申込]不要
[その他]常設展示室入館料が無料です
[主催/問合先]釧路市立博物館 0154-41-5809

☆——————☆——————–☆

【標茶町】春の湿原 野鳥観察会

フィールドを散策しながら湿原の野鳥を観察します。

[日時]5月4日(金)10:00~12:00
[定員]15名
[参加費]無料
[開催場所]シラルトロ湖・蝶の森周辺
[集合場所]憩の家かや沼駐車場
[申込/問合先]塘路湖エコミュージアムセンター
         015-487-3003

☆——————☆——————–☆

【浜中町】はまなか春の芸術祭~春だ!アートだ!爆発だ!~

今年のテーマは「アート」。食欲の春!読書の春!芸術の春!
春は楽しいことが盛りだくさんです。
皆さまのご参加をお待ちしております。

[日時]5月5日(土)~5月6日(日)10:00~15:00
[場所]霧多布湿原センター(浜中町四番沢20)
[内容]
・5月5日(土)
〇「湿原クラフト」体験・販売<辻野正さん>
〇パステルアート<スマイリーカフェ>
・5月6日(日)
〇コーヒー・お菓子販売<shop&cafe RHYTHM>
〇アクセサリー&雑貨販売<send>
〇ハーバリウム作り・販売<ILO KUKKA>
・5月5日(土)、6日(日)の両日
〇木のヘリコプター作り<工房 木の夢 杉澤好紀さん>
〇ワンデイ・シェフ<OKA☆WARI>
〇子どもおもしろ笑店~グッズ販売とゲーム~<NPO法人ドッグレスキューしおんの会>
〇五味和男絵画展
〇アフリカ布小物販売・アクセサリー作り<tell-me>
〇フラワーアレンジメント展~春風に遊ぶ~<アトリエ*コスモス生徒作品>
〇カメラを持って春の花さんぽ<写真家 大坪俊裕さん>
〇子どもクラブ活動写真展
〇オリジナル毛糸作り<毛糸工房 SENJU>
〇手作りおやつ販売<ほっこりおやつ にこぐーて>
〇ねんど遊び<(株)日清製粉グループ本社より提供>(参加費無料)
[申込/問合先]霧多布湿原センター 0153-65-2779

☆——————☆——————–☆

【鶴居村】春の花を見に行こう

釧路湿原ではようやく花が咲き始めました。よく見ないと見過ごしてしまう早春の花々を観察します。
 
[日時]5月6日(日)10:00~12:00
[定員]15名
[参加費]無料
[集合/申込/問合先]温根内ビジターセンター
         0154-65-2323

☆——————☆——————–☆

【釧路町】湿原再生の森づくり
     30周年記念「春の植樹祭」

達古武湖を見ながら、植樹に参加しませんか?

[日時]5月20日(日)9:30~12:00
    ※雨天の場合は中止
[集合場所]釧路町郷土資料館達古武分室前
[場所]達古武のトラストサルン自然保護地
[持ち物]汚れても良い服装、長靴、飲み物
[申込]不要
[参加費]無料
[問合先]NPO法人トラストサルン釧路 0154-44-5022

☆——————☆——————–☆

【募集】平成30年度 釧路湿原川レンジャー募集

平成30年度釧路湿原川レンジャーを募集します。
環境保全の一環として、釧路湿原の良好な河川環境づくりに貢献するボランティア「釧路湿原川レンジャー」になりませんか。

[対象]釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、鶴居村にお住まいの方
[募集定員]先着150名
[申込期間]5月11日(金)まで
[受付時間]9:00~17:00
[申込/問合先]北海道開発局 釧路開発建設部 治水課
        0120-8946-42(やっぱりくしろしつげん)

☆——————☆——————–☆

【募集】くしろ自然再生解説員募集

釧路湿原のボランティアガイドを募集します。
釧路湿原細岡展望台において、観光客へ釧路湿原や自然再生に関して紹介していただく「くしろ自然再生解説員」を募集します。

[活動期間]5月~9月(都合のよい時間帯で参加可能)
[募集要件]
1.釧路川や釧路湿原の保全及び自然再生の推進、ボランティア活動に関心があること
2.健康で野外での活動を行える方
[その他]初心者・未経験の方でも、経験者や事務局がサポートします。釧路湿原の学習をしながら参加できます。
[申込期間]4月23日(月)~随時募集
[受付時間]9:00~17:00
[申込/問合先]北海道開発局 釧路開発建設部 治水課
        0120-8946-42(やっぱりくしろしつげん)

☆——————☆——————–☆

【募集】「雷別ドングリ倶楽部」会員募集

釧路湿原森林ふれあい推進センターでは、標茶町雷別地区の国有林で、森林づくりに参加していただけるボランティアを募集します。
シラルトロ湖に注ぐシラルトロエトロ川の最上流にある雷別地区国有林(標茶町雷別)には、林齢が70年を超える森林がたくさんあります。しかし、平成12年にその一部のドドマツ人工林が立ったまま枯れてしまう被害に遭い、木が無くなってしまった箇所があります。
このようなことから、当森林ふれあい推進センターでは、様々な種類の広葉樹を計画的に植栽する等、雷別地区国有林の自然再生(森林再生)に取組んでいます。 今回、会員を募る「雷別ドングリ倶楽部」は、平成19年7月から活動しており、雷別地区国有林の自然再生(森林再生)活動に、継続的に関わっていただくボランティアの集まりで、任期は1年間です。

[募集人数]25名(先着順とします)
[募集締切]5月18日(金)
      ※ただし、募集人数に達し次第締切ます。
[活動予定]平成30年は5回の活動を予定しています。
      ①5月30日(水)広葉樹苗木の植樹
      ②7月18日(水)下刈1回目(草刈)
      ③9月12日(水)釧路川源流部散策
      ④11月7日(水)PF視察、伐採現場視察
      ⑤2月13日(水)次年度計画策定他
[その他]各自、ボランティア活動保険等への加入をお願いします。
[問合先・応募申込先]
北海道森林管理局 釧路湿原森林ふれあい推進センター(担当:川渕、立野)
〒085-0825 釧路市千歳町6番11号
【TEL】0154-44-0533【FAX】0154-41-7305【E-mail】h_kushiro_f@maff.go.jp
【URL】http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/kusiro_fc/index.html

☆——————☆——————–☆

【お知らせ】「釧路湿原ふれあい行事」のチラシができました

平成30年度の「釧路湿原自然ふれあい行事」の年間予定が書かれたチラシ(A3サイズ)が出来ました。毎月の温根内ビジターセンター、塘路湖エコミュージアムセンターでの行事をご紹介しています。
チラシの行事をきっかけに釧路湿原にお出かけ下さい。

[チラシ配布場所] 
 周辺市町村役場(釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村)、
 温根内ビジターセンター、塘路湖エコミュージアムセンター、
釧路湿原野生生物保護センター
[主催/問合せ]釧路湿原国立公園連絡協議会 0154-31-4594

=======================================================
☆ タクッパさんのちょっぴりアイヌ語講座(アホウドリ)
=======================================================

知っているとお出かけが楽しくなるアイヌ語知識。
旬なお話をお送りしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一時は絶滅の危機にまで追いやられたアホウドリ。
かつては早春から晩秋にかけて北海道にも飛来していた海鳥でした。
複数のアイヌ語名がありますが、釧路地方やオホーツク海岸では「シカベ(意味は不明)」とか、オンネチカプ「onne-cikap(大きい・鳥)」と呼ばれていました。
アイヌ伝承では、アホウドリの頭骨を大事に持っていると疫病除けになるとか、その骨で削った粉を煎じて飲むと病気が治ると伝えられています。
また、そのくちばしで漁の吉凶も占ったそうです。アイヌの人たちには馴染みの海鳥だったのですね。
釧路の幣舞遺跡からはアホウドリの骨が出土しているそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

————————————-
釧路湿原自然再生協議会
再生普及行動計画オフィス
安田 智子
〒084-0922 釧路市北斗2-2101
釧路湿原野生生物保護センター内
TEL :(0154)56-4646  FAX:(0154)56-2267
e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp
URL:http://www.heco-spc.or.jp/kushiro/
————————————-
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

配信停止や配信先の変更を希望される方、
情報提供や協力依頼を希望される方、
またご意見・ご要望等はメールでご連絡ください。

再生普及行動計画オフィス 
 e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ