『ワンダグリンダ☆ニュース』18.12.12号

みなさま、こんにちは。
再生普及行動計画オフィスです。

今月初めまで秋の風景が広がっていた釧路湿原も今はすっかり雪や氷の銀世界です。マイナス15℃を下回る晴れた日の朝にはあちらこちらの湧水でキラキラ輝くフロストフラワーがとても綺麗でした。


★ 本日のお題 —————————

☆ 各種情報

【釧路市】釧路市立博物館企画展
     「イピシシプのある生活~アイヌとイラクサとのかかわり」
【釧路市】イラクサ糸カエカと木枠の手織り
【釧路市】釧路湿原自然再生協議会 第32回再生普及小委員会開催案内
【標茶町】連凧を作って揚げよう
【鶴居村】湿原アニマルトラッキング
【標茶町】世界湿地の日記念「冬のエコツアー2019」

☆ タクッパさんのちょっぴりアイヌ語講座(タコ)

———————————————-★
問合せ等のメールアドレスは迷惑メール防止の為@を☆にしております。
送信の際はお手数ですが☆を@に変え送信ください。
=======================================================
☆各種情報
=======================================================

【釧路市】釧路市立博物館企画展
  「イピシシプのある生活~アイヌとイラクサとのかかわり」(~1/20)

アイヌ文化には、身のまわりの自然素材を生活用具に利用する知恵と技術がたくさん含まれています。本企画展では、数多くの植物のなかから「イラクサ」という植物に注目して、これを素材としているいろいろなモノを展示します。
イラクサを語り、観察し、利用することが、生活を豊かにしてくれることを実感できるでしょう!

[日時]~1月20日(日)9:30~17:00
[会場]釧路市立博物館1階マンモスホール
[入場]無料
[主催/問合先]釧路市立博物館 0154-41-5809

☆——————☆——————–☆

【釧路市】イラクサ糸カエカと木枠の手織り

イラクサの繊維から、カエカ(糸づくり)をおこない、いろいろな繊維を織り込んだ小さな壁掛けを作ります。

[日時]1月13日(日)11:00~16:00
[講師]日川清さん(アイヌ工芸師)・米倉麻希さん(繊維造形家)
[会場]釧路市立博物館講堂
[定員]10名(先着順)
[対象]小学4年生以上
[参加費]500円(材料費)
[申込]12月15日(土)9:30~電話受付
[主催/申込先]釧路市立博物館 0154-41-5809

☆——————☆——————–☆

【釧路市】釧路湿原自然再生協議会 第32回再生普及小委員会開催案内

今行われている釧路湿原自然再生の取組に耳を傾けてみませんか?
傍聴席にてどなたでもご参加頂けます。

[日時]12月14日(金)14:00~15:30
[場所]釧路地方合同庁舎5階 共用第1会議室
    (釧路市幸町10丁目3番地)
[議題]
 1)再生普及小委員会の活動報告
 2)ウェブサイト等による情報発信について
 3)その他

[主催]釧路湿原自然再生協議会 運営事務局
[問合先]環境省釧路自然環境事務所
     0154-32-7500

☆——————☆——————–☆

【標茶町】連凧を作って揚げよう

自分の凧に干支文字やイラストなどを描いて、新年を迎えた湿原の空に揚げてみましょう。

[日時]1月5日(土)10:00~12:00
[定員]15名
[参加費]100円(材料費)
[開催場所/申込/問合先]塘路湖エコミュージアムセンター 015-487-3003

☆——————☆——————–☆

【鶴居村】湿原アニマルトラッキング

雪の上の足跡やあちこちに残る痕跡から、湿原周辺の動物の行動と暮らしについて考えます。

[日時]1月13日(日)10:00~12:00
[定員]15名
[参加費]無料
[開催場所/申込/問合先]温根内ビジターセンター 0154-65-2323

☆——————☆——————–☆

【釧路湿原】世界湿地の日記念「冬のエコツアー2019」

釧路湿原の「秘境」を訪れ、冬の湿原を楽しみます。

[日時]2月2日(土)9:00~14:00
[対象]小学生4年生以上(但し小学生は保護者同伴)
[定員]20名(先着順)
[参加費]無料
[申込締切]1月11日(金)
[申込/問合先]釧路国際ウェットランドセンター 0154-32-3110

=======================================================
☆ タクッパさんのちょっぴりアイヌ語講座(タコ)
=======================================================

知っているとお出かけが楽しくなるアイヌ語知識。
旬なお話をお送りしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スーパーにお正月用のタコが並びましたね。タコの紅白の色は縁起が良いのだそうです。
釧路や日高方面のアイヌの人たちは、タコをアトウイナウ「atuy-inaw(海・木弊)」と呼んでいます。なるほど、形がイナウ(木弊)に似ています!アイヌの物語の中で、プイ(エゾノリュウキンカの根)がタコになったという話もあります。ひげ状の根がタコの足に似ていますね。内浦湾では大タコが住んでいて、タコの体の色で空までが赤く見えるところは近寄るものでないと言われていたそうですが、山狩りに行ってタコの夢を見ると獲物が授かると言われていたそうです。
アイヌの人たちもイナウに似たタコは縁起が良かったのですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

————————————-
釧路湿原自然再生協議会
再生普及行動計画オフィス
安田 智子
〒084-0922 釧路市北斗2-2101
釧路湿原野生生物保護センター内
TEL :(0154)56-4646  FAX:(0154)56-2267
e-mail:wanda☆heco-spc.or.jp
URL:http://www.heco-spc.or.jp/kushiro/
————————————-
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ