釧路湿原の保全・再生に参加するには

釧路湿原自然再生は、みなさんの参加を歓迎します。参加の方法としては、次のような方法があります。

(1)釧路湿原自然再生協議会の構成員となる

協議会は、毎年11~12月頃にメンバーを募集します。募集案内は、本サイト等でお知らせします。構成員の条件等は、設置要綱をご覧ください。

(2)協議会が主催する行事に参加する

協議会では、自然再生事業の実施計画ごとに、自然再生に参加いただける行事を随時主催します。これまでに、茅沼地区での旧川復元状況のモニタリング(年1回程度)やヨシの植栽、達古武・雷別両地区での森林再生活動への参加(各年数回程度)、幌呂地区でのハンノキ林調査(2011年に1回実施)などが行われてきています。これらの行事の案内等は、本サイト等でお知らせします。

(3)民間団体の活動に参加する

釧路湿原では、協議会以外にも、古くから湿原保全や再生に取り組んでいるNPO・NGOがあります。オフィスでも、その時点で紹介できる活動等をご案内いたしますので、気軽にお問い合わせください。
また、「ワンダグリンダ・プロジェクト」には、釧路湿原に関わる多種多様な活動が参加しており、個人で参加できる事業もたくさんあります。詳しくはオフィスにお問い合わせください。

■ 市民参加の自然再生取組み

釧路湿原では皆さんが参加できる自然再生を「釧路湿原自然再生協議会の各小委員会」と「ワンダグリンダ・プロジェクト」の取組みからご紹介しています。