釧路湿原と学校での環境教育

環境教育ワーキンググループ

釧路湿原自然再生全体構想釧路湿原自然再生普及行動計画に基づき、学校における環境教育の推進等を目的に、再生普及小委員会に「環境教育ワーキンググループ」が設置されています。

 

社会教育については「行動計画ワーキンググループ」で実践活動とともに推進しており、ここでは、現在主に小中学校の授業での釧路湿原や自然再生の活用を進めています。 再生普及小委員会の構成員のうち希望者が参加し、事務局は環境省釧路自然環境事務所が務めています。現在、年2回程度、釧路市内で開催されるほか、学校等での取組状況の調査、授業の実践事例の紹介、学習資料の作成、教員研修の実施、講師派遣、授業の支援等を行っています。

環境教育ワーキンググループの活動についてはこちらもご覧ください。